2020年6月2日火曜日

小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉のご紹介

 あきる野Bi@sta相談員、白井です。
 小規模事業者持続化補助金に、〈コロナ特別対応型〉が設置されました。

小規模事業者持続化補助金とは


 小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展をはかるための補助金です。
 当補助金は、HPやチラシ作成、ネット販売システム構築、展示会や商談会への出店費用、店舗改装費用などの「販売」に関する費用を補助してくれる補助金です。様々な補助金制度がありますが、販売活動そのものを支援する補助金は、当補助金をおいてほとんどないと思います。
 補助率(経費に対して補助される金額の割合)2/3、補助上限額50万円となっています(※経費が総額75万円掛かった場合、補助額は50万円)。
 売上向上が課題となる小規模事業者にとっては大変有益な補助金ではないでしょうか。

小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉とは


 今回、新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、前向きな投資を行いながら販路開拓等に取り組む事業者への重点的な支援を図るべく、〈コロナ特別対応型〉が設置されました。

適用要件の概略

地道な販路開拓に取り組み生産性向上を図る小規模事業者が、さらに
・「サプライチェーンの毀損への対応」
・「非対面型ビジネスモデルへの転換」
・「テレワーク環境の整備」
 のいずれかに取り組むことにより、補助率最大3/4に、補助上限額100万円へと引き上げられます。

 「サプライチェーンの毀損への対応」とは、外部からの部品調達が困難となり内製化するための設備投資や、安定供給や増産体制強化のための設備投資などです。
 「非対面型ビジネスモデルへの転換」とは、店舗事業者が新たにEC販売に取り組んだり、デリバリーを開始するための設備投資などです。
 「テレワーク環境の整備」とは、Web会議システムやクラウドサービスなどの導入が挙げられます。
 これら3つの取組のいずれかに取り組むことが、コロナ特別対応型の大きな適用要件の1つです。
 ※他にも適用要件がありますので、詳しくは本記事末のURLから詳細をご確認ください。

補助対象となる経費の遡及適用

 補助金は基本的に書類提出後に審査があり、採択決定となったあとに発生した経費が補助対象となります。そのため採択決定前に購入してしまった設備や費用は補助対象となりません。しかしコロナ特別対応型では、2020年2月8日以降に発生した経費をさかのぼって補助対象経費とすることができます。

概算払いによる即時支給

 通常、補助金は「事業実施期間」という販路開拓への取り組みを実施する期間が終了したあと、実績報告書や関係書類を提出することで補助金が支給されます。つまり補助金は「後払い」ということです。しかしコロナウイルス特別対応型では、一定の売上が減少(20%)している小規模事業者等の場合、特例として審査後の概算払いによる即時支給を受けることが出来ます。

事業再開枠

 さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円が上乗せされます。事業再開枠とは、販路開拓に取り組む事業者が、業種別ガイドライン等に照らして事業を継続する上で必要最小限の感染防止対策を行う取組について補助するものです。例えば消毒設備やマスク、フェースシールドの購入等に対して補助するものです。

実際の申請


 以上、小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉の概要をお知らせしました。実際の申込や手続きは、商工会の指導を受けながら申請書や事業計画書の作成を行っていただきますので、商工会へお問い合わせください。また、Bi@staでも適用要件や申請のポイント等についてアドバイスすることが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
 
 ※申請には要件がございますので、必ず下記URLから詳細をご確認下さいますよう、お願い致します。





2020年6月1日月曜日

あきる野Bi@Sta6月スタート

おはようございます!
今日から6月!!

あきる野創業・就労・事業承継支援ステーションBi@Staは
通常の創業者相談、事業承継相談を再開いたします。
創業相談・事業承継相談に対応する専門家は12時から19時まで在席しております。
土曜日も再開いたします(専門家の在席は12時から19時)
【対象となる方】
※創業を志している皆さま!創業後5年未満の事業者の皆さま!
※事業承継(後継者への経営のバトンタッチ)を考えている皆さま!

Bi@Staは上記に該当する皆さまが、無料で何回でも専門家の相談を受けられることが特徴です!!
来所の際はできれば予約を入れて頂くとお待たせすることがありません。


~~~コロナの影響を受けている
   中小企業・個人事業主の皆さま~~~

コロナの影響を受けている既存事業者への各種給付金、協力金、雇用調整助成金等の相談は6月も継続してご相談に対応しています。
社会保険労務士の資格を持った専門家も在席しておりますので、雇用調整助成金の申請をお考えの皆様の相談にも対応できます。

コロナ対策を行う上で必要な国・東京都の様々な施策についても知見のある専門家が対応しますので皆様のご来所をお待ちいたしております。
創業・事業承継相談にご来所をお考えの皆様はお電話にて予約をお願いしております。
 あきる野創業・就労・事業承継支援ステーション
 電話042-518-7778



2020年5月8日金曜日

コロナ対策申請支援

5月11日(月)~6月末まで、専門家2人体制で支援いたします。


東京都感染拡大防止協力金
雇用調整助成金

に対応いたします。


予約制となっておりますので、申し込みはお電話にてご連絡をお願い致します。



                  あきる野創業・就労・事業承継支援ステーション
                      Bi@Sta  042-518-7778
                      平日 月曜日~金曜日10:00~17:00
                      定休日:第2水曜日・日曜日・祝日    
                              


2020年4月22日水曜日

Bi@Sta相談ブースにアクリルボード設置

おはようございます。
あきる野創業・就労・事業承継支援ステーションBi@Staは緊急事態宣言発出期間中も
営業時間変更して営業中です。

本日午前10時から17時までとなっております。
「創業相談」、「事業承継の相談」、資金繰り対策で相談したいという「あきる野市で創業して間もないみなさま」のお越しをお待ちしております。

就労を目指している方はハローワークの求人端末も1台Bi@Staにありますよ!!!

さて・・・・・・
本日より相談ブースにアクリルボードを設置しました。
相談にご来所される方にとって、少しでも接触機会増加への不安が減れば嬉しいです。

ちなみにアクリルボードは、世田谷区で事業者様の相談業務にあたっている
私の知合いの中小企業診断士からの情報で急遽手配したものですが・・・やはり品薄になっていたようで入荷に10日ほどかかってしましました(汗)

いまはコロナウィルスによる影響で苦しい事業運営を余儀なくされている事業者が多くなっています。

あきる野Bi@Staでも少しでも事業者様のお役に立てるように私を含めて7名の中小企業診断士が相談業務にあたっています。

お一人1時間(予約制)
あきる野市在住の方、あきる野市に事業所のある方は無料で何回でも相談に対応できます。

是非こういう施設をうまく活用してくださいね!!!


2020年4月20日月曜日

感染拡大防止協力金(東京都)

東京都の中小事業者向けコロナ対策「感染拡大防止協力金」の概要が公表されております。
該当する事業者の方は申請をご検討ください。

概要
  新型コロナウィルス感染拡大防止のため、東京都の要請や協力依頼に応じて、施設の
  使用停止に全面的に協力いただける中小事業者に対する協力金支給。
支給額
  50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)    
申請受付期間 
  令和2年4月22日(水)~6月15日(月)予定
申請方法
  ①専用ホームページからWEBを通じて申請
  ②郵送または持参

詳細は下記をご参照ください!!

https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html


Bi@Staは変わらず営業していますが、営業時間が10時から17時までと営業時間が短縮されております。
また土曜日は休業となっています。
ご相談に来所する際には是非予約をお願い致します
(電話042-518-7778)。
 
先の見えない厳しい事業運営が続いておりますが、あきらめずに必要な対策を講じつつ自分の事業を守り抜きましょう!


2020年4月16日木曜日

創業間もない方でもご利用いただける融資、給付金等のご案内

 初めまして!
 今年度よりBi@Sta相談員となりました中小企業診断士の白井康嗣(しらいこうじ)と申します。ときどきルピア2階のBi@Sta窓口に駐在しておりますので、どうぞよろしくお願い致します!ここで簡単に自己紹介でも・・・とさせて頂きたいところですが、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響から、本日は創業間もない方向けの融資、給付金等支援について、情報をお届け致します。

 現在融資・助成金等多くの金融支援で適用要件が緩和されているものの、適用要件が前年売上高と当年売上高の比較となっている場合があります。しかし創業1年未満の創業者は前年売上高が存在しないケースがあり、適用要件に合致しない場合があります。

 そこで、創業間もない方で前年実績があまりない事業者でも活用できる金融支援をまとめました。ご参照ください。


創業間もない方でもご利用頂ける融資、給付金、助成金


新型コロナウィルス感染症特別貸付】

 この融資は業歴が3ヶ月以上あれば利用することが可能です。さらに、あきる野商工会で申込することが可能です。今現在日本政策金融公庫は相談多数でパンク状態です。あきる野商工会も大変込み合っておりますが、感染対策を講じた上で相談できる体制が整っております。お困りの方はあきる野商工会にご来場ください。
 また、商工会に加入されていない事業者様でもご相談頂けます。さらにBi@Staをご利用されて創業された方は、Bi@Staにご来場いただければ商工会までご案内させて頂きますので、お気軽にお尋ねください。


ご利用いただける方
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を
来している方であって、次の1または2のいずれかに該当し、
かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方

1.最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して
  5%以上減少している方
2.業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が
  次のいずれかと比較して5%以上減少している方
    (1.過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高
      (2.令和元年12月の売上高
        (3.令和元年10月から12月の平均売上高
        資金のお使いみち新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により
        必要とする設備資金および運転資金
        融資限度額6,000万円(別枠)
        利率(年)
        基準利率
        ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは
        基準利率-0.9%(注)、4年目以降は基準利率
        「実質無利子化」についてはこちら
        ご返済期間
        設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内)
        運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)
        担保
        無担保



        ②【持続化給付金】

         以下に持続化給付金の概要を掲載します(経産省HPより抜粋)。
         「持続化給付金は、 感染症拡大により特に大きな影響を受ける事業者に対して、 事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、 事業全般に広く使える給付金を支給します。給付額は、法人は200万円、個人事業者は100万円。
         ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。 
        ■売上減少分の計算方法:前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上げ×12ヶ月)
         ※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています。」

         持続化給付金はまだ実施されておりませんが、2020年4月最終週に概要が確定する見込みです。また、適用要件としては本日現在(4/16)昨年1年間との比較により売上減少していることが条件となっておりますが、「昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています」と謳われております。
         4月最終週の確定版で明らかになると思いますので、引き続きこちらのページをチェックなさってください。なお手続きはネット上で行うことができ、申請後2週間程度で振り込みされます。

        ③【雇用調整助成金】

         雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者 に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業 手当、賃金等の一部を助成するものです。 
         当助成金も、適用要件として事業所設置後1年以上を必要とする要件が緩和され、申請書提出があった月の前月と令和元年12月を比べて生産指標が5%減少していれば要件をクリアできることとなっています。
         詳しくはこちらをご確認の上、労働局や社会保険労務士さんにご相談ください。

        ④【感染拡大防止協力金】

         新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の要請や協力依頼に応じて、施設の使用停止に全面的に協力いただける中小の事業者に対し、協力金を支給します。支給額は50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)となります。「東京都における緊急事態措置等」により、休止や営業時間短縮の要請等を受けた施設を運営する中小企業及び個人事業主が対象となります。
         この協力金は、緊急事態措置期間開始より前(2020年4月10日以前)の営業活動が確認できる場合は対象となります。受付は4/22から専用ホームページ、または郵送で行うことが出来ます。詳しくはこちらでご確認ください。


        創業間もない方へ

         Bi@Staで創業された皆様もそうでない皆様も、創業間もなくこの世界的経済危機に見舞われ、本当に大変な思いをなさっていると思います。一人で悩まず、どんなことでもBi@Staにご相談ください。


        創業をお考えの方へ

         創業をお考えの皆様へ、この新型コロナウイルスの影響は今後経済の流れ、世の中の社会的価値観を大きく変える可能性を秘めています。それは脅威でありつつ同時にチャンスでもあります。これを機に改めてご自身のビジネスアイデアやビジネスプランを見つめ直し、コロナ終息後の世界に素晴らしい価値を提供する創業者が生まれることを期待しております。Bi@Sta相談員もそんな創業希望者の方々を全力で支援したいと考えております。こんな時期だからこそ、どうぞお気軽にBi@Staにご相談なさってください。

        2020年4月13日月曜日

        コロナ特別貸付のご相談は、是非あきる野商工会まで!!

         こんにちは。Bi@Sta相談員の萩野です。

         現在、日本政策金融公庫の窓口は大変混雑している様です。
         中小・小規模事業者様の資金繰り支援、早急に実施しなければ、手遅れになってしまった後では意味がありません。
         実は、「新型コロナウィルス感染症特別貸付」の申込みは、あきる野商工会で出来ます! 『前年同月比較での売上減少している方』が対象と案内されていますが、前年の実績のない創業間もない方も大丈夫ですので、是非相談してください。
        この申込み、どこの商工会でもできるわけではありません。あきる野の事業者さんは大変恵まれているのです。

         東京都では、先日、小池都知事から、「感染拡大防止協力金」を創設し、店舗などが1つの事業者には50万円、2つ以上ある事業者には100万円をそれぞれ支給する方針が示されましたが、手続き等詳細については今のところまだ未定です。金額自体もそう大きくはないですし、これで資金繰り悪化を回避するのは難しい事業者様が多いことと思います。
         コロナウィルスの災厄は、自然災害と同じです。国や東京都に全面責任がある訳ではありません。そして、日本には、事業者に休業を強制できる拘束力のある法律はありません。あくまでも「営業自粛のお願い」に留まります。さらに、国庫の財源は潤沢ではありません。なので、国や都が営業損失の補償をする根拠は乏しく、実現可能性も現実的ではないと考えます。
         そこで、休業補償されるまで営業を継続するしかないという考えに固執するのは、賢いやり方ではないかもしれません。今や、例え休業補償されなくても、社会の1員としての使命を全うするため、休業の決断をするときがきた様にも感じます。テレワーク等で在宅ワークが無理な業種は、出来るだけ休業し、資金繰り出来ない分の借入を申し込むのが最良の策に思えます。融資申込み即入金というわけにもいかないので、早めに融資の申込みをすませておくことをお勧めします

         休業した際の従業員の給料の補償には、雇用調整助成金を活用してください。この他にも、個人に対する小口融資制度等、コロナ対応の支援策は続々と出てきていますので、何か困ったことがあったら絶対に1人で悩まず、Bi@Staまで相談ください!お電話で結構です。 

        みんなで人と人との接触を避ければ、感染数が速くピークアウトし、終息に向かうだろうとされています。逆にずるずると接触してしまえば、終息までの時間が延々と伸びてしまいそうです。ここが我慢のしどころです。みなで一緒に頑張りましょう!!