2017年8月15日火曜日

あきる野Bi@Sta創業支援セミナー

あきる野Bi@Sta相談員の発知です。

本日8/15(火)、あきる野Bi@Sta創業支援セミナーを「障害福祉サービス(放課後等デイサービス)事業の始め方」というテーマで開催いたしました。
許認可手続きから、運営に関することまで、制度の全体像を解説させていただきました。
お盆休み中にも関わらず、雨の中お越し頂いた方々、誠にありがとうございました。



次回の創業支援セミナーは、9/16(土)あきる野Bi@Sta相談員の坂本先生による「知っておきたい経理処理 座学と演習」です。
お店の経理処理について、決算書や簿記のしくみから作成方法まで、初心者の方にも分かりやすく解説していただきます。
ただいま申込受付中ですので、ご興味ある方は下記へお問い合わせください。
あきる野創業・就労・事業継承支援ステーションBi@Sta
☎518-7778






2017年8月5日土曜日

手づくり工房「つくるの」オープンしました







 手仕事品の展示販売&ハンドメイド・ワークショップ
 手づくり工房「つくるの」がオープンしました。
 本日、17時までの開催となっています。
 是非、遊びに来てください。

2017年8月4日金曜日

営業時間変更のお知らせ

本日、8月4日(金)は10時~17時に窓口営業時間が変更になっております。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。





明日は、あきる野夏祭りです。

あきる野ルピア2F、Bi@Sta内、チャレンジショップ゚及びスモールオフィスでは、
午前11時から17時まで、手仕事品の展示販売&ワークショップ「つくるの」
を開催しておりますので、お時間のある方は是非、お立ち寄りください。
皆様のご来場をお待ちしております。

2017年7月29日土曜日

ビジネスのアイデアを探る

創業補助金の採択結果が発表されています。

この採択されたテーマをみていると、
ユニークな内容のものが多く、とても参考になります。


起業をしたいけれど、テーマが見つからないという方は、
この採択結果を参考にし、
自分なりのビジネスプランにカスタマイズする方法も有効かもしれません。




2017年7月25日火曜日

チャレンジショップ出店のご案内

 8月5日(土)の第15回あきる野夏祭りと同時開催で、あきる野ルピア2階にて、手作り工房「つくるの」の出店が行われます。
 出店の詳細は下記の通りです。


    • 「押し花スタジオ La Campanella」
        フラワーキャンドル&アレンジメント、押し花アート、他
    • 「Strawberry candy」 Work Shop
        ぬいぐるみ服、リボン雑貨
    • 「手作り工房 つむぐ」 Work Shop
        ビーズアクセサリー ブレスレット、指輪、ピアス
    • 「rote rose」
        フラワー雑貨・布小物
    • 「布絵しっぽ」
        手描きのワンニャンポーチ
    • 「87akari」 Work Shop
        上質な癒しの空間を ひょうたんランプ
    • 「カントリーラビット」
        カントリー風ウサギのぬいぐるみ
    • 「three!」 Work Shop
        UVレジン ペンダントトップ、ストラップ、チャーム
    • 「Studio Fleur」 Work Shop
        アロマワックスサシェ  

2017年7月18日火曜日

あきる野Bi@Sta創業支援セミナー

本日7/18、窓口相談を担当している発知です。


先週の土曜日7/15、萩野先生による創業支援セミナー「あなたのファンを醸成しよう!」が開催されました。
ワーク形式のセミナーで、6名の方々にご参加いただき、和気あいあいとした雰囲気の中、意見交換ができてよかったというご感想をいただきました。






そして、次回の創業支援セミナーは、8/15(火)、「福祉サービス(放課後等デイサービス)事業の始め方」というテーマで、私発知が講師を担当させていただきます。
制度の枠組みから、許認可手続き、開業後の運営まで、平成29年4月から始まった新基準を踏まえて丁寧に説明いたします。
ぜひ、ご参加をお待ちしております。

2017年7月15日土曜日

起業する際にしてはいけない4つのことの締めくくり

少々間延びしてしまったのですが、完結はしておかないといけない…。

起業する際にしてはいけない4つのことをお話していました。
1.自己資金も無いのに起業してはいけない
2.実績もノウハウもない商売を始めてはいけない
3.見込み客がいないうちに起業してはいけない
4.自分のビジネスモデルが想像もできないうちに起業してはいけない
今回は、4つ目のテーマで締めくくりたいと思います。

最近のはやりの言葉「ビジネスモデル」を皆様はどう解釈していますか?
そもそも、自分のビジネスモデルって?
個人事業で起業するだけなので、そんなたいそうなことまで考える必要はない、と思われますか?
ビジネスモデル…うまく浸透出来る日本語に訳せないので、思わずカタカナ用語を使ってしまうのですが、
あなたの商売の概念(コンセプト)や構造や仕組みのことです。
有態に言うと、儲ける仕組み、つまり、モノとヒトとお金と情報の固定的な流れ方です。
固定的というと少し語弊があるかもしれません。偶発的な取引きは入れません。
日々のあなたの商売の日常業務そのもののことです。

商売は先行投資が必ずあるので、その投資分を必ず回収しなければなりません。
なので、このビジネスモデルで、日々業務を回せば、徐々にお金が増えていくのでなければ、ビジネスモデルは出来上がっていません。

頭を整理するためにポンチ絵でフロー図を描いてみるといいです。
ブロック図に人や組織や業務のプロセスを矢印にモノやお金の動きを描くと分かり易いですね。
例えば下図の様な感じです。こんなものでも十分想像が具体的になります。関係者に説明するのも楽になりますね。

ポンチ絵に登場してくる人や組織ががどこか不自然だったり、モノやお金の矢印がうまく描けなかったり、全体像に至っていなかったりしたら、あなたのビジネスモデルはまだまだ検討の余地があります。
ある程度うまくビジネスモデルが描けたら、最終的にはメモ書きで良いので、お金の出入りの算定をしてみましょう。自分に残るお金が分かり易くなります。